受動喫煙症の診断・治療の森島医院

産婦人科・内科・小児科 受動喫煙症の診断 禁煙外来

森島医院は、家庭医として、かかりつけ医としてあなたの家族の健康をお守りいたします

menu

森島医院Home > 森島医院からのご案内 > 子宮頸がんワクチンについて

子宮頸がんワクチンについて

22.04.26

子宮頸がんワクチンについて

子宮頸がんの原因は、ほぼすべてが性交渉による子宮頚部へのヒト・パピローマウィルス(HPV)の持続感染であることがわかっています。したがって、性交渉がない年代のうちに、子宮頸がん(HPVワクチン)を接種することにより、ある程度の子宮頸がんが予防できます。子宮頸がんワクチンは定期接種であるため、対象年齢の女性は無料で接種できますが、副反応に対する議論があって、積極的勧奨がなされない状態が続いていましたが、2022年4月より、再開されました。

・子宮頸がんワクチンは定期接種であるため、下記の期間の女性は無料で接種を受けられます。
 (小学校6年生になった年の4月1日~高校1年生になった翌年の3月31日まで)
・2022年4月1日から2025年3月31日まで、積極的勧奨がされずに接種の機会を逃した方(平成9年4月2日~平成18年4月1日生まれの女性)に対して、キャッチアップ接種の機会が提供されました。
・当院では、ガーダシル(4価ワクチン)を接種しています。このワクチンは、尖圭コンジローマも予防できます。
 (3回接種。1回目の2か月後に2回目、1回目の6か月後に3回目)
・子宮頸がんワクチンの予防効果は100%ではない(60~70%と推定されている)ため、接種を受けても、性交渉の経験がある年代になったら、子宮頸がん検診を受けましょう。
・喫煙により、子宮頸がんの発症リスクが高くなることが知られているため、20歳を過ぎても喫煙しないことが大切です。

お知らせ一覧へ

森島 真 院長

  • 日本産婦人科学会認定産婦人科専門医
  • 母体保護法指定医
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本禁煙学会認定禁煙専門医
  • 日本医師会認定健康スポーツ医

診療案内

  • 産婦人科
  • 内科
  • 小児科
  • 禁煙外来
  • 受動喫煙症診断

受動喫煙症情報

受動喫煙症とは、タバコを吸わない人が、タバコの煙の混じった空気を吸い込むこと(受動喫煙)によって発症する病気のことで、次のような特徴があります。
  • タバコの煙に接した時に症状が始まる。
  • タバコの煙に接しなければ、症状が消失する。
  • 受動喫煙がなければ、いつまでも症状が出ない。
  • タバコ煙以外の有害物質暴露がない。

禁煙サポート案内

タバコをやめたいという意志がなければ、禁煙できません。禁煙しようと思ったきっかけを大事にしてください。
  • 禁煙しようと思ったきっかけ
  • タバコのやめ方
  • 禁煙する理由

Copyright(c)2011 morishima clinic All rights reserved.